女心はウラハラで

子供のように我侭を言う自分がいる

あなたのことが欲しくてたまらない


母親のように自分を諭す自分が呟く

あの人はだめよ・・・と


子供のように駄々を捏ねて困らせてしまいたい

あなた以外、愛せそうにないって


この気持ちに蓋をして

あなたの事をそっと忘れよう


あなたを困らせないように

あなたの優しい言葉を ずっと聞いていたいから


それでも子供のように駄々を捏ねたい

まるで何かに取り憑かれたかのように




宮沢せな





恋は時に人を子供のようにさせる

惹かれたら 愛してしまったら 仕方のないことかもしれない

それでも大人になる度に「我慢」といつも隣り合わせ

大人になり過ぎた自分に苦笑い

もっと早く出逢えればよかったなんて、都合のいい言い訳で

出逢う事に早いも遅いもないこと位、わかっているから

悪い人になっても構わない

そんな覚悟が持てたならどんなに楽だろう


ちょっぴり、大人の切なさを書いてみたり

広告を非表示にする