かけ違えたボタン

何事もなかったかのように

寄り添う切っ掛けを見せた 

勿論、許したわけではない

 

けれども、それが私の精一杯

心を緩めたのは感謝から

それ故にチャンスを与えた

 

素直になればいいだけのこと

無用な気遣いなど

空気を読めばわかるはず

 

私は意地悪だ

チャンスは一度きり

あの言葉たちを許していないから

 

再び私の心は君を拒んだ

この先なんて考えてはいない

5年は長過ぎた春なのだろうか

 

一年前と今では全てが違う

一度かけ違えたボタンは

どうなるのだろうか

 

一つだけ言えるのは

私からは動かない

あとは君次第

 

それが私の心に伝わるかは

わからない

私も日々考え生きているから

 

二人の生きる場所は違う

私が求めるものも違う

二人が寄り添うのには

 

君の相当な熱意がなければ

現状は変わらないだろう

 

過去とは違うから

私が君を頼りにしていた

あの頃とは違うから

 

恋の終わりはきっと儚い

君の心と私の心の温度差は

君が思うよりも大きい

 

私は冷静で冷淡にさえなれる

大きな切っ掛けがない限り

私は自由でいたいから

 

怒りさえなくなり

言葉を交わすことさえなく

私は何の感情も持たない

 

かけ違えたボタンは

君次第

 

 

広告を非表示にする