読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣いたなら

泣いたなら 全て消え去るのだろうか 泣いたなら あなたの苦しみを癒せるのだろうか 私を忘れてしまえば あなたは楽なのに 私を忘れてしまえば 苦しみから解放されるのに あなたは私を手放さない あなたは私を救おうとする そこまで愛されたなら あなたの胸に…

欲しがり

恋をして 愛に溺れ 全てが欲しくなる罪 あなたの温もりが全てで あなたが人生の全てで 他の全てを捨てる覚悟さえ 罪なオンナだと自分を責めて あなた以外いらないと あなたを欲しがる あなたの匂いが安心を与え あなたの口づけが 私を夢中にさせる 罪な男だ…

護られる

私のワガママに寄り添うあなた 私のワガママを包み込んでくれる ありのままの私でいいのだと 誰かに頼まれたかのように 私を護る きっと私はあなたの掌で遊ぶ 小さな女の子 自由気ままなようで 決してあなたの掌から動けない いつも口数は少ないけれど 私を…

私の居場所、あなたの居場所

私が何も言わずとも あなたは私を見透かしているようで 任せて、って だだ、その一言だけ 何の不安もなく 私は頷く あなたの温もりを知っているから ありがとう 私を愛してくれて ありがとう あなたを愛させてくれて 人はピタリと重なる人がいる 世界中のど…

略奪疑惑

13才の私の恋は2つ上の先輩。 お付き合いを始めてすぐ 略奪だと、身に覚えのない噂 彼の元カノの嫉妬。 部活の先輩にも反対をされ 生意気盛りの私は 誰に何を言われても貫いた 彼が私を大切にしてくれたから 昔でいう、ちょっぴりヤンチャな彼 彼の中学卒業…

約束

約束はしないの 嘘はつきたくないって あなたが云うから 私が泣かないように あなたは私を包み込む 精一杯の愛情で 小さなことでも相談して 我慢はダメだよって 私を諭す 未来を見る必要なんてない 未来があるとは限らないから 今を全力で生きていたい あな…

離す事のない手

愛してるなんて 軽々しい言葉を言わないあなた 私に無理をさせないあなた 言葉を交わせば交わす程に 二人の好きが交わる 何かに惹きつけられるかのように 繋いだ手を放さないように 強く心の手を繋ぐ 二人が逸れてしまわないように 大切そうに抱き締める手は…

戸惑い

愛してやまないあなたと愛されすぎて窮屈なあなたとそして きっと私の全てを変えてしまうあなたと 出逢いとは究極で我侭で欲張りになってしまうから 一番長い付き合いと一番短い付き合いと中途半端な長さの付き合いと 私を愛し理解してくれるから私は欲張り…

重なる想い

やるせない気持ちを伝えた 全てが終わる覚悟で こめん…って、ズルイよ 優しくされたら 離れられなくなる そんな私もズルイ女で 二人とも…きっと似てるんだ 重なる想いと想い 何処へ向かうのだろう 帰れるのだろうか お互いの在るべき場所へと 私の心は何処へ…

女心はウラハラで

子供のように我侭を言う自分がいるあなたのことが欲しくてたまらない 母親のように自分を諭す自分が呟くあの人はだめよ・・・と 子供のように駄々を捏ねて困らせてしまいたいあなた以外、愛せそうにないって この気持ちに蓋をしてあなたの事をそっと忘れよう…

ちぐはぐな想い

オンナ心は 移ろいやすい よりいい男を探し求めるため? 答えはNO. 誰かの1番で在りたいだけのこと たった一人のオンナで居たいから だから、いつも居場所を求める 愛されなければ キレイでいられない生き物だから 愛し過ぎて 自分を見失う恋はもう要らない …

オトナの恋は単純で、複雑で

あなたの一言で笑顔になってしまう私は単純で心が躍りだしそうなくらいに嬉しくて誰にも気付かれないようにそっと俯いて あなたを想う 隠したつもりのこの想いを気付かれてもいいと思ったり気付かないで欲しいと思ったり 入れ乱れる複雑な感情たちに一人戸惑…

それぞれの想い

恋をするのは自由 それは自分の心に秘めた想いなら けれども恋愛は違う 二人の想いが重ならなければ 一方通行になってしまう たとえ長年一緒に居ても 片方の心が変われば恋は終わる きっと冷酷なまでに 出逢った瞬間でさえ 恋の予感を感じるのは 数々の恋の…

かけ違えたボタン

何事もなかったかのように 寄り添う切っ掛けを見せた 勿論、許したわけではない けれども、それが私の精一杯 心を緩めたのは感謝から それ故にチャンスを与えた 素直になればいいだけのこと 無用な気遣いなど 空気を読めばわかるはず 私は意地悪だ チャンス…

お初

赤裸々、恋ログにしようかな?